人気の土地は見学者も多いです

PAGELIST

住まいにおいて水道代の節約はためて使う

毎朝行う行為の一つとして、顔を洗うことがあります。朝に起きたときは非常に眠たいです。そのときに冷たい水で顔を洗うとしっかりと目を覚ますことが出来ます。このとき、水はどのようにしているでしょうか。眠たいのと、寒いとの両方で水道のことなど気にしていないでしょう。蛇口をひねってとにかく水をすくってそのまま顔を洗います。すっきりしたと思っている間にもしっかりと水は流れています。流れている水は飲むことが出来るきれいな水です。

同じようなことは歯を磨いているときもあります。人によりますが、水を流しながら磨く人がいます。これほど無駄なことはありません。住まいにおいては、いかに水を大事にするかを考える必要があります。そうすることで、水道代を節約することが出来ます。何かを洗うとき、つい水を流したままにしてしまいますが、よい方法があります。それはあらかじめ水をためておく方法です。こうすれば利用する水の量がわかります。栓をしたり、洗面器にためたりします。

流したままだとどんどん水が流れてしまって、どれくらい無駄になったかがわかりません。洗面器にためれば、使った量と、使わない量がわかります。使わない量がわかれば、次からはその分はためずに済ませることが出来ます。洗うといいますと、流しにおいて食器を洗うことがあります。このときも流したままゆすいだりします。水をためて、全体の洗剤を取ります。そして最後に軽くゆすげば水もあまり使わず、ゆすぎ足りないこともありません。

注目情報