人気の土地は見学者も多いです

PAGELIST

住まい探しで重要な家賃相場

新しいアパートなどの住まいを探しているときに、絶対条件に入ってくるのが、家賃の条件だと思います。実際に不動産に行き、希望の間取りや部屋の設備などの希望条件を伝えて、その際には家賃の上限も伝えるかと思いますが、そういった条件を伝えたうえで、自分が納得の行くお部屋をすぐに紹介したもらえるかと言うと、そうも行かないと思います。

多少、予算に余裕がある場合は、条件に見合った部屋がすぐに見つかるかもしれませんが、大体は部屋の条件・立地条件などを伝えると、少々家賃の予算オーバー気味のお部屋になる事が多いでしょう。家賃の相場は、実際1ヶ月の貰っているお給料の3/1までが上限と言うのが一般的になりますので、それ以上になると少々生活費が苦しくなる可能性もあるかと思います。ですので、実際に予定している家賃前後のお部屋の物件をいくつか内覧し、条件にあったお部屋であれば問題なく住めると思いが、なかなか見つからない場合は、どこか妥協をする必要も出てくるかも知れないです。もしくは、少々無理をしてでも、快適な生活のために家賃が高めのお部屋に住むか。。と言う選択肢も無いとはいえません。

私の場合は、結果少々予定していた家賃からオーバーしたお部屋に住む事になりました。実際に生活してみると、少し生活費の節約が必要になるのは現実としてあります。ですが、部屋の快適さを得る事は出来ているので、家でリラックスできますので、トータル的に考えたら、コレでよかったのかも知れない。と思う事もありますし、もう少し余裕を持った生活をしたいと言う気持ちがあるのも正直なところです。要するに、どちらをとっても、メリット・デメリットはあるので、ご自身がどちらを選択するかになるかと思います。とわ言え、家賃は1ヶ月の生活費の中でも、多くの割合を占める事になるので、自分の収支状況を確認し、それに見合った予算で計画を立てて、お部屋探しをする事が必要になります。

注目情報