人気の土地は見学者も多いです

PAGELIST

家賃だけで住める賃貸希望が増えている最近の住まい選択

人間には衣食住の三拍子が揃っていなくては安定した生活が送れませんが、中でも、住まいが不安定だと日常生活を落ち着いて暮らせないことになります。東電原発事故後の仮設住宅に住む方々の精神的な気苦労を思えば定住できることの重要性が理解できます。家庭生活を送る場合、都市部中心にして我が国の土地代が高いので自宅を所有するか、それとも賃貸にするかが収入に占める日常生活費を考えた時に都市住民の多くが迷い続ける課題です。特に、不景気が続いているので将来にまで安定収入の得られる保証に疑問符のつく人にとっては自宅を所有したくても決断できずに迷うのではないでしょうか。この点で、賃貸住宅に住んでいれば家賃の支払いだけなので気が楽だと思いこみたくなるでしょう。働き手の転勤や家族のライフステージ推移に伴う引っ越しも自宅を所有する場合より気楽にできることは確かでしょう。

賃貸で暮らす人にとってデメリットとしては家賃を延々と支払っても不動産が自分のものにならない不満と家賃の滞納事態が発生した場合に住み続けられなくなることでしょう。住まいを所有するか、賃貸にするかは家族毎の判断に委ねるべき問題で、周囲がとやかく言うべきでありませんが、長い期間、同じ住まいに賃貸で暮らしていると、地方によっては地域住民の信頼感を得られないケースもあるかもしれません。この点で都市部に暮らしていると、不景気で収入が増えないので住宅購入に要する頭金もままならず、また、失職の心配までしなければならない人は住宅ローンを組んで数十年も払い続ける気持ちになれない人が増えてきたようで、賃貸住宅を望む人が増えているそうです。

注目情報