人気の土地は見学者も多いです

PAGELIST

住まいの中で間取りをどう考えるかは大切です。

間取りの取り方や広さは、購入するときに決まっています。それはマンションでも戸建てでも変わらないはずです。当然ながら、あとから間取りを変えるというのは、リフォームでは難しいと言えます。最低でもリノベーションをやる必要が出てきます。特に戸建ての場合は、家の強度から考える必要が出てくるからです。マンションの場合は、強度は考える必要はほとんどないからです。一番重要なのは、そこに住む人数と、動線の確保になってくると考えます。ただし、何処の住まいでも、その間取りを見るまでもなく、ほとんど間取りは決まっています。その住宅のサイズに合わせて、必要になるモノはほとんど決まるからです。

注文住宅でもない限り、その形はほとんど変わらないと言えるはずです。いえ、注文住宅でさえも、奇抜な間取りを使用することはまず無いと言えるはずです。そこで人間が生活を送る必要があるからです。住まいとはショールームではなく、生活を行うための空間であるからです。もちろん、著名なデザイナ-が、まったく新しいコンセプトで、住まいを考えたショールームというのでもない限り、間取りに大きな変更が加えられるとは考えられません。それほど間取りとは普遍的で、ほぼ変わりようのないモノだと考えるからです。変に間取りをいじってしまうと、住みづらくなるばかりか、生活そのものが行えないと言うことにも成りかねないからです。恐らく、どの過程を見ても、方角や位置は多少違っていても、間取りそのものはほぼ同じだと考えます。

注目情報